いい不動産業者の選び方

いい不動産業者の選び方

不動産はおそらく一生のうちでも最も高い買い物ですので、慎重に選んで決めたいですよね。
その第一歩が、不動産売買の業者選びです。
これは、はっきりと良い業者と悪い業者を挙げるわけにはいきませんが、まずはどんな不動産物件を購入しようと考えているのか、によって選択肢は多少変わってくるでしょう。不動産業者と言っても、新築なのか中古なのか、分譲マンションなのか、戸建てなのか、など、それぞれ専門分野があります。大手であれば複合的に扱っているところも多いですが、大手だから安心、と決めてかからずに、よく比較検討しましょう。また、不動産業者選びは、担当営業者選びとも言えます。不動産購入についての、不安な点・疑問な点を丁寧に説明してくれる、信頼できる営業マンと出会えればそれがベストです。

 

不動産所有の是非について

不動産を所有する方が得か、それとも賃貸の方がいいのか、意見の分かれるところです。一般的には、賃貸の場合はお金を払い続けても不動産が手元に残らないので、不動産を所有した方が得だと言われています。
ですが、賃貸の場合はその物件に不具合があっても、所有者が修理をしてくれますし、何らかの事情で住み替えをする場合も、それほど余分な費用を払わずに住み替える事が可能です。
しかし不動産を所有している場合は、毎年固定資産税がかかりますし、転勤などで異動する際には売却したり、貸しに出さないとなりません。不動産を所有している方が得だとは一概に言えない場合もあります。不動産を購入する際には自分にとってその不動産が本当に必要不可欠なものであるかどうかをよく考えてみましょう。

Blog

Calendar