任意売却と残債について

任意売却と残債について

任意売却を行うときには、ローン残債より売却価格のほうが低いのですから、当然ローンが残ってしまいますよね。
任意売却にとって、ローンの残債をどうするかは、その後の生活にとっては非常に重要なことです。
任意売却に失敗したからといっても、価格は安くなっても競売という方法はあるのですから、売却そのものに対してはそれほど不安になる必要はないでしょう。むしろ、任意売却後の残債についてどうするかという点で、債権者(保証会社)と交渉してもらえる仲介業者や弁護士などを選ばなくてはなりません。単に売却だけを業務としている業者に依頼すると、任意売却後に更に困ったことになってしまう場合があります。
債権者との交渉を別途弁護士などに頼みたくても、報酬が用意できないからです。

 

任意売却は専門業者に相談

住宅ローンの返済が苦しくなり、家を手放すことを考え始めたら、なるべく早めの段階で、任意売却を専門に扱っている不動産業者に相談しましょう。
任意売却は手続きなどの点で通常の不動産売買と違うところもあり、複雑なので、任意売却の知識が豊富な専門の業者に相談するほうが安心です。また、任意売却ではどのような流れで売却を行うのか、売却後の返済計画や、生活の立て直しはどうしたらいいのか、など、不安が多いものなので、任意売却専門の業者であれば、そういった点に関しても、適切なアドバイスをしてくれるはずです。
そもそも任意売却をするしかないのか、踏み切れない、といった段階であっても、一人で悩んだり、お金を払って弁護士に相談するよりも、不動産会社に相談するのがいいでしょう。

 

Blog

Calendar