多様化する葬儀のスタイル、「家族葬」という選択肢も

多様化する葬儀のスタイル、「家族葬」という選択肢も

近年、葬儀のスタイルが多様化しています。私はごく最近、学生時代からの大親友の葬儀に参列し、「すばらしい」と感心、「自分もぜひこのスタイルで」と考えた葬儀がありました。 それは「家族葬」。家族や親族、ごく限られた関係者だけで行う、規模限定の葬儀です。家族葬にもいろいろあって、ほんとうに家族だけで行うものだけでなく、ある程度の人数が参加できるものもあります。 私が参列したのは、後者のスタイル。亡くなった親友のご家族と親戚、そして私を含む「故人と特に縁の深かった人」をあわせて30人ちょっとの規模でした。 専用のホールで行ったのですが、お通夜から告別式までの葬儀全般、1組限定の完全貸切です。ご遺族が宿泊できる部屋やお風呂場まで用意されていると聞きました。 小規模だけに至れり尽くせり、コンパクトで大変心のこもった葬儀でした。家族葬の良いところは「義理の参列者」がいないことでしょう。私たち血縁でない参列者も、みな故人の死を心から悼んでいる人ばかり。心がこもらないはずがないのです。 精進落しの会食までそのホール内で行えますから、あちこち移動する手間もかかりません。私はもしもの時のために、同スタイルの葬儀をするように、遺言を残すつもりでいます。 このように葬儀の選択肢が多くなってきたことは、大変良い傾向だと言っていいのではないでしょか。

葬儀にて気をつけなければならないこと

 葬儀というのはとても大切な祭儀です。 ここでマナー違反をするのは大変失礼にあたります。 葬儀には気をつけなければならないルールが沢山あるからです。 たとえば、お香典ですが「新札をつつむ」というのは失礼になります。 「前もって死を予見していた」とみなされるからです。 新札をつつむ場合は折り目をつけてお包みしたほうが良いでしょう。 葬儀会場でご遺族に亡くなられた経緯を聞くなどのデリカシーのない行為も慎むべきでしょう。 通夜ぶるまいを遠慮するのも、一見礼儀正しいように見えますが箸をつけましょう。 これには故人を供養する意味合いもあるからです。 また、小さな子供がいる場合は葬儀に連れていかないほうがいいかもしれません。 余程近しい親戚で無い限り、ぐずって迷惑をかけてはいけませんから。 葬儀はご遺族に失礼のないように参加するのがマナーだと思います。

 

Blog

Calendar